The temporary world
かつてメイプルストーリのブログだったもの。今は大学生による徒然草。
プロフィール

ornata

Author:ornata
ブログ主:ornata


一昔前まで(具体的には十字旅団とか出た頃)メイプルストーリーの世界には
ログインしてました。

今はまったくINしていないので事実上の引退状態。
ただ引退とかいう言葉を使うのも大仰なので敢えて引退とは言わない。

メイプルやってないのにキャラ名使うのはアレですが
余所で使ってる名前がKIという非常に味気ないものなのでね…

今はリアルで起きたことを気分次第で書いてます。


李鯖で活動していたornataFirstです。





使用キャラ(現在はメイプルはやってないでござる)


ornataFirst  151Lv シャドー (2010/7/22)

ベズーホフ   83Lv バッカニア (2010/2/14)

ornataSecond 90Lv ナイトウォーカー (2010/2/14)

ornataThird 83Lv アラン (2010/2/14)

ornataFourth 35Lv  エヴァン(2010/7/22)


なおこのブログはリンクフリーなのでお気軽にリンクしてください^^

相互も受け付けているので申請頂ければ幸いです。


多種多様なコメントも随時お待ちしております。













最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



この日記を見た偉人たちw



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミソカはミソカは今年も同じネタを使ってみたり!





辰




新年明けましておめでとう御座います。





お久しぶりです、ornataです。




さようなら2011年、はじめまして2012年。


というわけで去年は結局夏の終わりに更新をしてから結局一度も更新することなく

2011年が終了してしまったわけですが…

「次回は続きです!」

なんて言っておいたせいでここを見に来ているごく少数の人には次回は近日中に

あるんじゃないかという思わせ振りな締め括りになってしまいました。


まぁそれに関しては申し訳ないです(汗)



べ、別に友人に更新しろ!って言われたから更新したわけじゃないんだからねっ!

ただ更新しないとわずかばかりの閲覧者に申し訳なく思っただけだから!!


なんて風化寸前のテンプレ的な台詞は置いておいて。

もう日に10人を優に下回っている閲覧数ですが、続きを書くといった以上

書かないわけにはいきません。


というわけでもう既に前回の記事の事なんかは記憶から消えかけてはいるでしょうが

しっかり続きを、本筋の話を書いていこうと思います。


まぁ近況報告はまた別にやるので今回はとにかく前回続きです。













道後温泉



四国一周ツーリング初日、松山で道後温泉の湯に浸り

肌寒さの残る初夏の夜を宿で越す。


二日目、松山を発ち四国最西端「佐田岬」より海を眺め

メロディーラインを走り八幡浜を経由し宇和島へ。

予定より遅れて到着した宇和島では、既に太陽は山の向こうへ落ちた後でした。



宇和島





ツーリング2日目(後半)










さて、予定では日没には足摺岬付近まで移動済みであり

その足摺岬で宿を撮る予定だった友人と私の二人。


しかし迎えた日没は足摺岬で水平線に沈むものではなく

宇和島市内で山間に沈んでいくというものでした。


この辺りから私たち二人の間に湧き始めた不安…



コレ…どう考えても3日で帰れなくね?(迫真)




2泊3日というこの日程に焦りを覚え始めた私たちは旅路を急ぐべく

休憩なしのノンストップで宿毛街道をまっすぐ南下し、高知県を目指しました。



しかし夏とはいえ夜は冷えるもの。

下がり始めた気温に若干の寒気を感じつつひたすら走る、走る、走る。


落ちた日は完全に名残を失い、空には星々と共に夜の帳が下りていました。


足腰に結構な痛みを覚えながらもようやく山の中の宿毛街道を抜けて

高知県に到着しました。




現在地


地図で確認しないと正直どの辺にいるか怪しかったんですが

どうやらしっかりと高知県の宿毛(すくも)に着いていたようです。



宿毛といえば私が小学4年後半に香川県に引っ越してくる前は高知に

住んでいたのですが、その当時社会科見学だったか遠足だったかとにかく

何かしらの学校行事でこの地図にも載っている宿毛駅までやってきたことが

ありました。

そのせいか久々にやって来た宿毛の街並みを見ていると何というか…

いやぁもう本ッ当に何にも覚えてないやアッハッハッ


まぁ小学4年生の頃って言ったら約10年前にもなりますからね。

一度来た程度の街並みを覚えているはずは無く。



というわけでここではコンビニで軽くエネルギー補充をしたくらいで

特に何をするわけでもなくそそくさと出発しました。


ここから次に目指すは、先程のように簡単に忘れられるようなものではなく

言わば私という人間の人格形成の大半を担ったであろう高知県での生活の中心地。

懐かしき我が町、中村市を目指してバイクに再び跨ります。




中村駅



旅の醍醐味と言えばやはり見知らぬ土地を巡るという所でしょうが

私みたいに転勤や何やで複数の土地に住んでいた経験があると旅のついでに

昔馴染んだ土地を見て回り



「あぁ、この道はあそこに通じていたよな」、「あのお店まだ営業してたの!?」

「アレ?あいつンちのあった場所がパチンコ屋に…」、「よくここで遊んでたなぁ」


なんて懐かしい気分に浸ってちょっと泣きそうになってみるっていうのも

旅の醍醐味だと思うんですよね。


それにしても当時80代後半(うろ覚え)のおばあちゃんがやっていた駄菓子屋が

今も普通に営業していたことに凄く驚きました。娘さんがいたようなので継いだのかな?

遠足の前の日には500円玉を握りしめて駄菓子を選んだものです。


…なんだかこんなこと言ってると急に老けこんでくるような気がしますね。

まだ21歳ですよ!しかも12月が誕生日なので実質20歳も同然!

人生80年設計だとすればまだまだ4分の1です。

FF9で言えばまだDisk1が終了したくらいなもんです。

ドラクエで言えばサマルトリアの王子を仲間にした、くらいの…。



まぁその話はともかく。

当時住んでいた家の付近を走ってみると思っていたほど変わっていなくて

なんというか安心したというかほっとしたというか。

変わらないものはない、みんな変わらずにはいられませんが。

やはり何もかも変ってしまう、というのはもの寂しいものです。


CLANNADの1話を思い出しつつ、現実的なお話。



今夜どこに泊まる?



時刻はこの時点で夜9時過ぎ。

そもそも正確にはどこに泊まるかではなく

泊まるかどうか?という問題になっていたのですが。



そう、この時間にこの場所。

移動したとはいっても中村市は高知市内からはまだまだ遠く離れています。

距離で言うとおそらく120km程度といったところでしょうか?

そして通る中村街道(国道56号線)は思いっきり山の中。



中村市(現在は四万十市になっているそうです)を出るか出まいか…。



時間的に切迫する中下した判断は・・・。





よし、行くか!



昔懐かしい中村を後にし、高知市を目指して夜の闇を走りだします。




…が、走り始めて2,30分ほどしたところでしょうか?

回りには何もない、井ノ岬と呼ばれる場所にある灘という地点付近で

突然の大雨。


出発前の天気予報では旅の間は快晴が続く筈だったため

荷物になる雨具は持っていませんでした。

中村に戻って宿を探すにも微妙な距離。

というか、スモーク張ってる私のヘルメットでこの悪天候だと

正直前を走る友人のバイクのテールランプくらいしか見えないほどに

視界が悪くなってしまうので正直走るのも怖い。


というか単純に雨の中走るのは転倒が怖い…。


もう…1週は断念してどこかで野宿して高知から直接香川に変えるか…?

という考えも浮かびだしましたが、どちらにせよ進まなければ道はない。

というか道はあるんですけれど。



雨に打たれて体温が奪われるのを覚悟で中村街道を走ります。



しかしこの道…まぁ道がここくらいしかないから仕方ないのかもしれませんが

大型トラックがバンバン走ってくるため正直めちゃくちゃ怖いです。

まぁこれは視界が悪いせいで恐怖感が増してるってのもありますけど…


何が一番怖いってそんな中平気で飛ばして走っていく友人。

テールランプを目印に走ってる私としては前を行く友人の姿を見失うというのは

かなり不安を煽ります。



途中見つけたコンビニで休憩をはさみます。

というかこの時点で日が変わっているため寒さに震えながら

コンビニの外にあるベンチで座ったまま仮眠。


中で合羽を購入し再び出発、雨は依然降りやまず。

相変わらず飛ばす友人。こやつ…バイクに乗ると性格が変わるんだろうか?

普段はとても大人しい彼ですが、、、こち亀の本田的なアレでしょうかねぇ。



そうしてどれくらい時間が経ったか、とにかくひたすら走り続けて

山を抜けてようやく町らしい町、須崎町?市?までやってきました。

ここまで来ると雨も止んで体もそこそこ乾いてきました。



その後また一旦山の中の道になりましたが雨も上がったことで

ペースをあげて走り続けてようやく…





高知駅



高知駅に到着!!

なんか空が白みだしてると思えばなんと朝の5時wwwwwwバロリッシュwwwwww

そwwwらwwwがwっあwwっをwっうぃwwwwww




徹夜明けによくある謎のハイテンションモードに突入していました。

もう夜明けの駅で全力ではしゃぐ2人。(どちらも20歳)

竜馬の大きな写真の前で飛び跳ねる2人。(どちらも20歳)



おそらく香川からだと高知県が一番アクセスし辛いだろうというのと

私のバイト先に高知出身がいないため(愛媛、徳島出身はいる)

それらの事情を考慮しここでお土産の類を購入していくことに。



購入したお菓子(あくまで土産)をリュックにぎゅうぎゅうに詰め込んで

すっかり明るくなった高知市内をまた駆け出します。
























ハッ!!




ねむい、眠い、眠たい眠たい眠たい眠たい!!!!!!!!



完全に徹夜テンションで夜通し遊んだ後に出席する学校の授業中のごとく

漫画雑誌のようなガンガンといった感じで奪われていく意識。

友人も似たような様子で、直感的にこのまま走っていると

「あ、これ事故るな」と分かったのでちょうど一先ずの目的地である

室戸岬の途中にあった「二十三士温泉」という場所で休憩を入れることに。




二十三士温泉



かなり早朝だったということもあり、殆ど貸し切りに近い状態で

湯船に浸かることが出来ました。


夜通し雨の中を走って冷え切った体に、温かい湯は正に五臓六腑に染み渡るよう。

風呂からあがってソファにもたれかかっているといつの間にか夢の中へ。


カウンターにいたお爺さんも疲れていたみたいだったから、と

ソファを占有する私と友人を邪険にせずに、寝かせてくれていたおかげで

割とぐっすり寝てしまいました。といっても2時間そこそこ、といったところですが。



眠気も覚めたところで再び室戸岬を目指して走ります。

室戸岬までの海沿いの道は、海沿いの道特有の景色の良さと走りやすさで

思っていたよりも早く、疲労を感じることもなく室戸岬へ到着しました。






室戸岬


室戸岬2





ちょうど時間も昼時になってきたので近くにあった漁師さんがやってそうな店で

昼食をとることに。もちろん注文は「カツオのたたき」。

流石名物だけあって美味しいです。味付けはポン酢?くらいでしたが

ポン酢のさっぱりとした酸味とカツオのうま味が絶妙で非常に美味。





その後はおなかも膨れて軽快に海沿いの道を走り、そのまま山間の道へ。




バイク


どちらもYAMAHAのバイクですが前から見るとよく似ていますねー。

バイクに興味がない人から見たらおんなじじゃん、といわれてもおかしくないレベル。





途中で休憩を入れた場所なんですが雰囲気が非常に好みだった場所があるんですが




日和佐駅
線路
線路2
日和佐城



日和佐、という場所らしいのですが特にどこが?と言われると

非常に困るのですがなんというか雰囲気がしっくりきたというか…

なんていうか凄く良いなぁって思えるというか。



無駄にここの景色を撮影した気がします。

この道の駅では足湯なんてのもあってそこで脚部の疲れを軽く癒して

再び出発。




この辺りからは特筆することもなく軽快に走っていき




徳島県



何処だよ、って思うかもしれませんが一応徳島県に入りました。

どこの道の駅だったかは忘れましたけどね☆





黄昏バイク


長い間走り続けてくれたバイク達。

残す道のりもあとちょっと!!

ちなみに私のバイクは奥側のです。スマートな車体が特徴。





そこから再び市内に向けて走っていき




徳島駅


若干画質が悪いですがどうにか完全に日が暮れ切る前に徳島駅へ到着。

なんだか駅の写真が多いせいで駅めぐりでもしたみたいですね(笑)

まぁ結果的にはあながち否定もできないところなのですが…。




ここいらで夕飯として徳島ラーメンを食す。

まぁ徳島ラーメン自体は香川でも食べられなくもないので特に思う所なく出発。



後はひたすら11号線を走り続けて…






津田






香川県よ!!私は帰ってきた!!!


香川県の津田という場所までようやく帰ってきました。

ここまで来てしまえばもう見知った道なので真っすぐ走ります。


疲労から来るものか運転中にどうにも文章でも口でも説明できない

不可思議な感覚に襲われたりもしたのですが問題無く出発地点付近へ。


帰りは友人の住む大学寮の前に行き長い3日間となった四国ツーリングも終了。

お互い疲れもありましたが遣り遂げたー!!ってことで快活に挨拶を済ませて解散。








四国一周



iPhoneの撮影地で、無事に四国を縁取れました!!(足摺岬は無理でしたが)


初めてのツーリングということもあり色々と苦労もありましたが

約800km?のツーリングも事故なく無事に終了。


まぁ・・・強いて言う事があるならば



四国一周するなら4日は最低でも必要だよね





旅行をするにおいて計画ってのは現実的な日程を組まないと

イケナイという点を身をもって体感しました\(^o^)/




長い間お疲れ様!愛車よ!



SRX_20120113023532.jpg






続きは久々のコメント返信




>ゆあなs



お久しぶりです、そしてあけましておめでとうございます!

写真がいっぱいになるとページが重くなってくるのがネックですが

やっぱり絵があると映えますね!



それにしても懐かしいですね、ダチョウ(笑)

最近あのあたりまで通ることは殆どないので見れませんが

健在のようでなにより。


子供の成長とは早いものですね…寂しくもあり嬉しくもありって感じでしょうか?

うちの5歳の妹もつい最近まで赤ちゃんだったような気さえしますよ。


かなり遅い続きになりましたがぜひご覧ください!





>ikai君


べっ、別に君に言われたから更新したんじゃないんだからねっ!(二度目

一度サボると惰性でずるずる行っちゃうよね。それに引き換えikai君の更新頻度…

見習います('


この記事に対するコメント

やっと更新したー!
遅いじゃないですかーッ!やだーッ!
二泊三日で四国一周ww
突っ込もうと思ったら自分でツッコミ入れてた…
にしても睡魔は危ないだよ!
事故なくてよかったぜ…ッヘッヘ

次回の更新も楽しみにしてます!(^^)!はよ84
【2012/01/13 22:19】 URL | ikai #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kirizokudaisuki.blog60.fc2.com/tb.php/895-df7b8890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。