The temporary world
かつてメイプルストーリのブログだったもの。今は大学生による徒然草。
プロフィール

ornata

Author:ornata
ブログ主:ornata


一昔前まで(具体的には十字旅団とか出た頃)メイプルストーリーの世界には
ログインしてました。

今はまったくINしていないので事実上の引退状態。
ただ引退とかいう言葉を使うのも大仰なので敢えて引退とは言わない。

メイプルやってないのにキャラ名使うのはアレですが
余所で使ってる名前がKIという非常に味気ないものなのでね…

今はリアルで起きたことを気分次第で書いてます。


李鯖で活動していたornataFirstです。





使用キャラ(現在はメイプルはやってないでござる)


ornataFirst  151Lv シャドー (2010/7/22)

ベズーホフ   83Lv バッカニア (2010/2/14)

ornataSecond 90Lv ナイトウォーカー (2010/2/14)

ornataThird 83Lv アラン (2010/2/14)

ornataFourth 35Lv  エヴァン(2010/7/22)


なおこのブログはリンクフリーなのでお気軽にリンクしてください^^

相互も受け付けているので申請頂ければ幸いです。


多種多様なコメントも随時お待ちしております。













最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



この日記を見た偉人たちw



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~山口県ツーリング・中四国応用物理学会編・その2~





この記事は

~山口県ツーリング・中四国応用物理学会編~

の続きの記事となっていますので、前の記事を読んでない方はそちらを先に読むことをオススメします。







美東SA





さて、前回山口入りしたところで終わっていましたので

今回は山口入りしてからの事を書いていきます。



美東SAで高速道路最後の休憩を入れていてふと一つの考えが。

( ^ω^)…そういえば秋芳洞って何時まで入れるんだ?



観光案内か何かに書いてあった番号に電話してみると

4時半までが通常の入洞時間で、時間外入洞ということで5時半まで入れるとのこと。


この時の時間が確か3時半過ぎくらいで、急げば通常入洞時間に間に合う!
(時間外入洞は少しだけ値段が上がるようです)


というわけで美東SAをさっさと後にします。








秋芳洞標識


美祢東JCTから高速を降りて少し行くと秋芳洞と描かれた標識が登場。


標識に沿って走っていくとどうやら目的地らしい場所を発見。

流石に平日の、しかも通常入洞時間の終わりに近い時間なので駐車場はガラガラ。

それでもバス出来ている団体客なんかが多少いたので、観光地という感じはありますね。

正直どこまでバイクで入って良いのか分からなかったんですが通行禁止ではないので

ある程度入口付近まで行って、許可を貰ったところでバイクを止めていざ秋芳洞へ。



秋芳洞の料金所?ゲートのような場所で入洞料を支払って進むと

一気に涼しげな風が、というか実際に冷たい空気が流れ始めます。




秋芳洞

小魚


秋芳洞前の川



マイナスイオン(笑)とかが出ていそうな雰囲気。

理系としてマイナスイオンとか言っちゃうのはどうかと思いますが

実際こういった場所の清浄な感じの空気っていうのは凄く良いですね。


少し歩くとまさに割れ目といった感じで秋芳洞のお出まし。




秋芳洞入口

水色





青色○号とか使ってんじゃねぇの?とか思えるブルーの水を吐き出しながら

堂々と口を開けたその姿は中々にテンションが上がります。

観光客の少ない時ということで人気もおそらく普段以上に少ないおかげで

秘境の洞窟みたいなかんじがあっていいですね。




以下洞内写真いくつか







秋芳洞通路


洞内は薄暗くて足元が濡れているので走りまわったりすると危なそう。

子連れは要注意ですかね?  写真も撮りづらい…ぐぬぬ。






天井


百枚皿


洞内富士


洞内川


蓬莱山


天井傘


黄金柱


階段



巌窟王



龍の抜穴


洞内植物


石灰華の滝


クラゲの滝登り


マリア観音



階段再び



3億年のタイムトンネル




最後の写真は気持ち大きいのでクリックしてご覧ください。


最後のトンネルは「3億年のタイムトンネル」とかいう名前がついていて

なんでも2011年の4月にリニューアルオープンした際に出来たそうです。

まだ1年弱しか経ってないと思うと、昔来た人は知らないんだろうなーと

少しばかりの優越感に浸れますね( ^ω^)



洞内の写真は結構撮ったのでまだありますが逐一アップしていては

ページが重くなってしまいますから自重します。


え?十分画像多い?画像ばっかりで手抜きじゃないか?


いえいえ、まさしく筆舌に尽くしがたい素晴らしい光景だったので

文章には出来なかっただけなんですよ、えぇ、ホント。

決して今この分を書いてる時間が午前4時ちょっと手前で眠くなってきたとか

そんな私の事情は一切関係ありません。



個人的には「百枚皿」、「黄金柱」、「クラゲの滝登り」あたりが

特に凄いなーと思いますね。やっぱり変わった形とスケールのでかさが

鍾乳洞の価値を決めてるような気がします。


小さいところで綺麗な部分はたくさんありましたけどね!


あとは三億年のタイムトンネルってのが人工物なので鍾乳洞とは

あまり関係がないように思えますが個人的にはかなり好みな場所でした。


LED照明でライトアップされた階段を登りきると

両脇に地球誕生から現在に至るまでを描いた絵がずぅーっと先まで並んでいる。

色を青やら赤に変えるLED照明と神秘的な響きのあるBGMが聞こえてきます。



一番最後まで歩き切ったら出口からでてバスに乗るという選択をしないと

いままで来た洞内をもう一度歩いて帰らなければならないというのが中々にしんどいですが

逆方向から歩いてみて回るのもまた一味違う気がしなくもなくて中々良いです。





出口



しばらく歩いてようやく出口。

地元の屋島にある洞窟に入った時も思いましたが暗い洞内を歩いて

外の光を見ると凄くまぶしく感じます。( ^ω^)うぉっ、まぶしっ!


入ったのが4時ちょっとすぎで、出たのが5時ちょっとなので大体行って戻って

1時間少々、といったところでしょうかね?

歩くペースや見る時間によっては多少前後しそうな感じはありますが。







梨ソフト




最後に恒例の独りソフトクリーム。

ぼっちじゃないよ!孤高だよ!の言い訳と共に注文です。


今回は秋芳梨を使っているという梨ソフト。

友人に梨が大好きと自称している奴がいたので土産に買って帰ろうかとも

思いましたが、流石に真夏のバイクに積んだリュックに入れっぱなしにしては

家に着くころには大事件になってそうだったのでやめておきました。






初日走行距離



そんなこんなで秋芳洞を後にして、山口市内に予約してあるホテルへ向かいます。

この日の宿は「スーパーホテル山口湯田温泉」。

ちなみにこの日の総走行距離は431.5kmでした。( ^ω^)尻が割れる





というわけで山口ツーリングと後なんか学会とかの初日は終了です。


次回は2日目からスタートです!




続きはコメント返信





[READ MORE...]
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。